カーテン夢工房スタッフブログ

カーテン夢工房

大阪市西区新町にあるオーダーカーテンと窓周り専門店「カーテン夢工房」のスタッフがカーテンの楽しさを知ってもらうために書いているブログです。社長もブログ
カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記を書いています。

RSS

アイデア満載の小窓スタイル

カテゴリ : 施工例
こんにちは。スタッフのおおにしです☆* 

4月29日のイッキに書いても日記に掲載しました小窓のプレーンシェードダブルタイプをご紹介いたします。

以前、掃き出し窓のドレープをご注文いただきましたお客様です。
川島織物セルコンのウィリアムモリスを大変気に入っていただき、今回は小窓の商品をお探しでした。

プレーンシェードダブルタイプ、と書きましたが、柄をきれいに見せるために手前の生地はリングテープを付けていません。
つまり昇降はしませんが、見た目優先にしています。

後ろの生地は、夏用・冬用と作りました。

手前の生地は夏・冬兼用です。
後ろの生地を変えることで季節ごとに雰囲気が変わります。
上の写真が夏用。下の写真が冬用です。

ラークスパアⅡ


FA1642BU

アップでみるとこんな感じです。
左が夏用。右が冬用。

FA1603WH        FA6613NL

柄の出かたが打ち合わせ通りになっているか確認のため、納品前日に商品をチェックしました。

テーブルに置いて撮った写真です。

FA1603WH        FA6613NL


手前のレースは、透明感のあるレースに水色の鳥だけがプリントされています。

後ろの生地の夏用はレースです。
葉っぱ柄で、よく見るとりすが隠れています。
冬用はドレープです。
リースのように曲線になったが描かれています。

手前のレースの柄と後ろの柄をどの位置で組み合わせるかをお客様とじっくり打ち合わせしました。
ほとんどお客様のアイデアで、私はフジエテキスタイルのショールームで実際の生地でチェックしただけです。
どのように仕上がるかとても楽しみで、ドキドキワクワクでした♪

さらにポイントは、手前のレースの裾、ウェイトバーの部分にはドレープを使っています。
レースではウェイトバーが透けて見えてしまうためです。
プレーンシェードのダブルタイプでレースをお部屋側にする場合はおすすめです。

さらにさらにポイントがありまして、後ろの生地の冬用は、生地の裏面を表として縫製しています。
表面は色がやや濃いため、白い裏面を表にすることで水色の鳥をよりはっきりと見せることができました

お客様が裏面まで見られて生地を選ばれたことにとても感心です!!

植物や動物の柄をうまく組み合わせされ、温かみがあり、大人っぽいお部屋に仕上がりました。

ちなみにウィリアムモリスのドレープは店内に縫製サンプルがあります。
色違いもおすすめです。



FF6707 ラークスパア


使用生地

【掃出窓】
FF6707 川島織物セルコン ウィリアムモリス「ラークスパアⅡ」

【小窓 お部屋側】
FA1642BU(レース) + FA2070-01(裾ボーダー)  フジエテキスタイル
【小窓 ガラス側・夏用】
FA1603WH(レース)  フジエテキスタイル
【小窓 ガラス側・冬用】
FA6613NL裏(ドレープ)  裏側を表として使用  フジエテキスタイル





ブログランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。Smile
下の2つのバナーを1日1回ポチッと押してね。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 インテリアブログへ

2014-05-31 17:00:45

カーテン夢工房

営業時間・定休日

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
… 営業日 9:00~19:00
… 定休日
… 午後12時より休業